BACK

エディション アフタヌーンティー

アフタヌーンティー / XP-15797

アーバンリゾートな空間で過ごす、ラグジュアリーな午後

都市の過密から少し離れた閑静な虎ノ門エリアに佇む東京エディション虎ノ門。マリオット・インターナショナルの最高級ホテルブランド「エディション」の、新しい時代を牽引するラグジュアリーライフスタイルホテルです。その31階ロビーに、Lobby Bar(ロビー バー)はあります。

新鮮な旬の食材を使用し、精巧に作られた贅沢なセイボリーや魅惑的なスイーツは、厳選されたティーセレクションとともに。サステナブルな紅茶づくりに力をいれるカナダの「Tealeaves(ティーリーブス)」、高品質な茶葉だけを選び抜き作り上げるイギリスの「Jing Tea(ジンティー)」、そして国産の季節限定の紅茶を、心ゆくまでお楽しみください。本場英国の製法でサクサクに焼き上げた2種類のスコーンは、アフタヌーンティー通にも喜ばれている人気の一品です。

コースに含まれるもの

<メニュー内容>
新緑 エディション アフタヌーンティー
2022年5月7日(土)~ 6月30日(木)のメニュー

穏やかな日差しが心地よく降り注ぐLobby Barで、季節限定のアフタヌーンティーをご堪能ください。

【セイボリー】
・グリーンピースムース
・キャビアときゅうり
・ブランダード
・枝豆の冷製スープ
・チキンとバジルのサンドイッチ

【スイーツ】
・メロンのグラスショートケーキ
・ピスタチオとチェリーのカヌレ
・ライムタルト
・抹茶オペラ
・ベルガモットボンボンチョコレート

【スコーン】
・よもぎスコーン
・プレーンスコーン(クロテッドクリーム、ストロベリージャム)

※紅茶約12種類・コーヒー各種からお取替え、おかわり自由にお楽しみいただけます
※メニューは時期や仕入れ状況などにより、内容が変更になる場合がございます。詳細については店舗にお問い合わせください
※2022年5月6日まではチケットをご利用いただけません。何卒ご了承ください

コース情報

コース番号

#XP-15797

コース名

エディション アフタヌーンティー

利用人数

2人

所要時間

-

服装・持ち物

・チケット
・スマートカジュアル

利用時の注意事項

・2022年5月6日まではチケットをご利用いただけません。何卒ご了承ください
・お席は2時間制です
・席の指定は、ご要望に添えない場合もあります
・予約時間から20分を過ぎて連絡が取れない場合は、やむを得ずキャンセル扱いとさせていただく場合があります
・食材などにアレルギーをお持ちの方は、予約の際に店舗へお伝えください
・メニューは時期や仕入れ状況などにより、内容が変更になる場合がございます。詳細については店舗にお問い合わせください

開催日時

通年 12:00~17:00 (L.O.16:30)
※2022年2月8日~5月6日はご利用いただけません
※ゴールデンウィーク、お盆、クリスマス、年末年始等ご利用いただけない期間がございます。詳細は店舗にお問い合わせください

新型コロナウイルス関連

【店舗からのお知らせ 2021.11.10現在】
・エレベーターのボタンなど、接触頻度の高いエリアは特に頻度を上げた清掃・消毒を行います。
・全従業員への体調チェックを実施、また全従業員は勤務中にマスクを着用します。マスクは保健機関の指針に従って交換・廃棄します。
・ソーシャルディスタンスを確保するため、家具・備品の配置と客席数を変更します。
・入店の際、移動の際には、マスクの着用をお願いいたします。
・入店前のアルコール消毒を実施いたします。

中止条件

天候等による影響は受けません。
万が一開催できなくなった場合は、事前にお客様にご連絡いたします。

店舗情報

Lobby Bar/東京エディション虎ノ門
住所

〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-1 東京エディション虎ノ門 31階

営業時間

日〜木・祝日11:00〜23:00(フード22:00/ドリンク22:30L.O.)/金・土・祝前日11:00〜23:30(フード22:30/ドリンク23:00L.O.)

定休日

なし

アクセス

<公共交通機関のアクセス>
・東京メトロ神谷町駅直結 虎ノ門方面改札から徒歩約5分
・東京メトロ虎ノ門駅 2番出口から徒歩約8分
・東京メトロ六本木一丁目駅 泉ガーデン出口から徒歩約8分

<クルマでのアクセス>
・首都高速飯倉出口より約2分
・首都高速汐留出口または霞が関出口より5分

<駐車場>
・駐車場あり(200台)
・アフタヌーンティーチケット利用の方は4時間無料です(その後1時間につき800円)

紹介文

Lobby Bar(ロビーバー)」は開放的かつプライベートな空間。オーダーメイドのカクテルやセレクトがユニークな蒸留酒、そしてアフタヌーンティーを楽しめる、都会の新しい社交場です。エディションホテルのクリエイティブディレクターであるイアン・シュレーガー氏が生んだ「空中のジャングル」というコンセプトを基に、建築家 隈研吾(くま・けんご)氏がデザインしたロビーは、高層階にありながら緑があふれ、天井まで届く窓から東京湾と東京タワーを見渡せます。

Copyright © SOW EXPERIENCE Inc. All Rights Reserved.